I004434984_349-262
こんにちは、勝田です。

前回に引きつづき、ホームカラーとサロンカラーの違いについてです!
ドラックストアで売られている ヘアカラーのパッケージを見ると、染め上がりのイメージの色が印刷されています。

しかし、実際その通りにはなかなか染まりません。

それはあくまでも 「バージン毛の人が染めるとこんな感じになりますよ」という目安に過ぎないからです。

なので、もともとカラーをしている髪の毛や

髪の毛の太さや髪の色は1人1人違う為、同じ髪色になるわけがないのです。
髪はカラーしてるとき髪の内部は、

赤 → 赤みのオレンジ → オレンジ → 黄みのオレンジ → 黄

と、変化していきます。
お客さまの髪の太さによって、黄色までいかず普通のカラーでは”オレンジ”で止まってしまう人も居るので、ARCHではそれに合わせてお客様の希望にあった色をカラー剤を微妙に配合しています。
根元の黒いところに使うカラー剤と、もともと染めてある毛先で

カラー剤の色の配合も、明るさも、薬の強さも違うものを使い

根元から毛先まで均一なカラーで仕上げています!!

もちろん、伸びたところが気にならないようにグラデーションや

動きを楽しめるハイライト・ローライトで染めていくこともおススメです♪

秋に向けたスタイルチェンジに是非ARCHのカラーリングを!