こんにちは、勝田です。

皆さんカラーはどこで染めていますか?

手軽にホームカラーをされている方も多いと思います。
ここで、ホームカラーとサロンカラーの違いについてです!!
【一番の違いはカラー剤に含まれるアルカリ剤です】

アルカリは何種類もあります。

”サロンカラー”はアルカリの中のアンモニアが使われているんですが、徐々に揮発して毛髪内部に残留しにくい、除去しやすいという特徴があります…が匂いは臭い^^;

”ホームカラー”はアルカリの中のモノエタノールアミンが使われています。特徴としては毛髪内部に残留しやすい、除去しにくいという特徴があります…そのかわりにメリットとして匂いは少ないです。
つまりアルカリが残留するか、しないかってことです!
アルカリが残留すると、キューティクルは開きっぱなしになり退色が激しく、開きっぱなしのキューティクルは摩擦によって剥離し、ダメージの原因になっていまうのです
しかもホームカラーは、薬の強さが1種類のみ(誰でも簡単に染められるよう強い薬が使われてます)

サロンカラーは薬の強さが強いものから弱いものまであり、毛の細い人・太い人・ダメージ毛・バージン毛と薬剤を使い分けるためダメージも最小限に抑えられ、色むらもありません!

せっかくカラーしたのに、色の持ちが悪い上に、かなりダメージになってしまうのはもったいないですね。