まるで生まれつきのストレートのような自然な仕上がりで、重ためワンカールボブやナチュラルロングスタイル、
さらにトップが自然に動くショートスタイルまで対応。

今回は料理に例えてARCHの縮毛矯正を解説します。

アイロン縮毛矯正とブロー縮毛矯正の違い↓↓
◯アイロン縮毛矯正
本来、円柱形の髪の毛をアイロンでプレス+高温施術で水蒸気としてタンパク質を熱変性させる(ハンバーグをフライ返しで押し付けながら強火で焼くようなイメージ)ことで形状記憶します。

◯ブロー縮毛矯正
毛髪にトリートメントをベースにした薬液を塗布し、1.5倍程にふやかした状態で特殊なブロー施術を行い、毛髪を本来の円柱形に整えながら低温施術でゆっくりタンパク質を熱変性させる(ソーセージを均一な太さに整えるイメージ)ことで形状記憶します。

髪の毛も、お肉と同じタンパク質なので、熱の温度や触れる時間により仕上がりの硬さやダメージ度合いも異なってきます。
一本一本の形状、硬さがアイロンとブローでは異なる為、結果、対応デザインや自然度合いが格段に改善します。

低温を使用し、髪本来の滑らかな柔らかさ、しなりをキープして
生まれつきストレートのようなナチュラルスタイルを楽しみませんか(^^)?